fc2ブログ

micro:bitではじめるプログラミング


スイッチエデュケーション編集部が執筆。
写真も多く、記事もしっかり執筆されたとても良い本だと思います。


目次です。

 


コンパスの作例。
スクラッチ風にプログラミングする方法で、こちらの本は、プログラミングを紹介していました。
ARMのCPUなので、mbedでもプログラミング可能です。
 


踏み切り製作。
動くものの作例があると、電子工作がより身近に感じられますね。
 



<読書感想>
 私も、micro:bitが発売された当初に購入して遊ばせて頂きました。最近は、ほったらかしになっていますね。
 この本は、かなり丁寧に作られています。プログラミング初心者でも、作例に従って作業することで、かなり良い感じの作品を作れると思います。micro:bitは、豊富な機能をお手軽なスクラッチプログラミングによって使うことができるので、分かりやすいと思います。ソースコードを記入する場合は、エディタの使い方から説明が要りますから、そういう観点で、入門しやすい開発環境だと思います。実は、mbedでも開発できるので、慣れてきたら、別の開発方法も試せる点が良いと思いました。
 ありがとうございました。







コメント

非公開コメント